占いの鑑定で、みなさまからトップクラスに多いご相談が、金運についてのご相談です。

みなさま金運にはとても関心が高く、私は占い師として、様々な角度からお答えするのですが、金運が上がる財布について尋ねられることがしょっちゅうあります。

そんなみなさまのご相談に答えるため、「金運財布」についてはこの10年ぐらい、私なりにかなりオタクに研究に研究を重ねてまいりました。その結果わかったことは、

「世間で一般に言われている金運財布の条件、売られている金運財布は、ほとんど俗説に基づいたものばかり!!」

という衝撃の事実なのです・・・!

世にはあまりに多くの「金運財布」にまつわる諸説が飛び交っていますので、調査すればするほど、一体何が本当に正しい説なのか、訳がわからなくなってきます。ですので金運財布の研究は、困難を極めました。そして10年の年月をかけて、ようやく「コレなら信頼できる!」と思える、金運財布の条件にたどり着いたのです。

そうした知識を身につけた上で、世の人々の財布とその方の金運を眺めてみると、実にしっかりと財布と金運がリンクしていて、驚いてしまいます。例外はあれど、やはり一般論を言えば、金運の良い人は金運を招きやすい財布を持っていらっしゃることが多いです。

みなさまがもうこれ以上、間違った残念な金運財布を手にし、がっつりお金を増やすつもりなのにがっつり減らしてしまったり、お金でさらなる苦労を重ねてしまったりしないように、今回は「本当の金運が育つ、開運財布の絶対条件」について、しっかり解説させていただきたいと思います。これからのお財布選びの、参考になさってくださいね!!

ちなみにここでご紹介する「金運財布」の選び方は、風水、陰陽五行、各種占いなどの知識に加え、長年に渡る実験や調査、実際の多数のリサーチに基づいたものとなります。ですから私としても、かなりの自信があるのです!

普段なかなか知ることができない、「世の中のお金持ち達はいったい、どんな財布を使っているのか」をリアルに調査した、本当の大金持ち達の財布調査なども元にしておりますので、そんじょそこらの金運アップの話とは、一線を画していると自負しております。ぜひ一度はコレを基準に選んで、ご自分で試してみてくださいね♪

財布ヒトツですが、財布の選び方・使い方は、あなたのお金の扱い方。自分のお金の扱い方が変わると、本当に金運が変わりますよ!

基本は、「財布はホテル、お札はお客様」です

まずは金運財布の基本となる考え方からご紹介しましょう。

よく私が金運のご相談者さまにアドバイスするのが、「財布はホテル、お札はお客様!」ということです。そしてあなたは、たくさんのお客様方をお迎えする、ホテルマンです。

お金を増やしたいと思うならば、お札というVIPのお客様の気持ちになって考えてみましょうね!お客様がゆっくりお休みになられて、機嫌よく出ていってもらい、またお友達をたくさん連れてリピーターとなって帰ってきてもらう。そんな風になるように、お札を大切に大切に扱うことが最重要ですよ。お札=お客様は、大切にされること、愛されること、ゆっくりくつろげて居心地がよいことが大好きなのです。

では、そんなお金のホテルとなるお財布って、一体どんなものなのでしょうか?

形ぐらいは常識ですよね?よくあるラウンドジップはいいの?

金運アップの財布は、「長財布」が良いというのは、割とどなたもご存知の話ですよね。お札というお客様は、いつも二つ折りになっていたら、居心地が悪くて出ていってしまいますから、二つ折りの財布は避けましょう。

形としては、長財布でパタンと折るタイプの、普通の札入れがベストです。お財布の中はスッキリさせたいので、下の写真のような、シンプルなタイプが一番です。

後に説明する「金運財布のサイズ」にも関わりますが、ラウンドジップ型は、諸説ありますが私はお薦めしません。ラウンドジップのお財布は、厚みが出てしまい、全体が開運のサイズから外れることがあります。なによりも、カードや小銭、レシートなどが入りすぎてしまうので、ラウンドジップ財布はすぐにパンパンになってしまいますよね。そうすると「スッキリとシンプルに」という「居心地のよい財布」の条件から外れてしまうのです。

某占い界の大御所の先生が「財布はラウンドジップが良い!」と薦めていらっしゃるので、迷うところですが、実際に大金持ちの方々は、ラウンドジップではないシンプルな長財布が多いので、私もそれを採用しています。ラウンドジップのお財布をお持ちの方は、せっかくカードが沢山入るので、カードや小銭専用の「セカンド財布」にするといいですね。

財布の色は何がいい?金の財布ってどう?

次は、お財布の色についてです。色は運気を決めるので、かなり重要ですよ。

お金は、陰陽五行論の五大元素「木火土金水」で言うと、「金」になります。「金」を育てるのは「土」ですので、お金がゆっくり安んで育ってくれる土色の財布、つまり「茶か黒」がベスト! VIPのお札たちが大好きな、喜ぶ色ですよ!

ちなみに、世間の金運財布で良いと言われている「金色の財布」は、私からすると金運が「ジェットコースター運」になる財布。お金と金色は、同じ「金」の氣でぶつかり合うのです。金色財布を持ち始めた最初の一瞬は「あれ、金運いいぞ!」と思うのです。が、結局お金が出るのも入るのも激しくなり、金運がジェットコースターのように乱高下します。それに耐えられるぐらい、もともと強大な金運の器をお持ちの方には良いかもしれませんが、私のように凡人で安定した金運が欲しい形は、茶か黒をオススメします。

赤やピンクの財布も、かわいいと人気ですが、赤系は「赤字」になりやすいので避けたほうが無難です。青(とくに落ち着いた紺)は諸説ありますが、仕事運的にはアリだと思います。が、金運にベストを選びたければ茶か黒が良いのではないでしょうか。

キラッキラの素敵な財布やカラフルなものは、自分のときめきアイテムですのでそれはそれで良いのですが、そうした財布は「セカンド財布」にして、VIPのお札は落ち着いた色の「札入れ」に入れて休ませてさしあげるのがオススメです。

「サイズ」が実は、色と同じぐらい重要!!

あまり一般には知られていないのですが、実は財布の色と同じぐらい重要なのが、「サイズ」なのです。地味なポイントですが、風水的にはとても重要ですし、私はコレを金運の神様みたいなすごい方から教わったので、いつも財布選びのときは絶対のポイントとして守っています。

風水では、方位に吉凶があるように、長さにも吉凶があります。「魯班尺(ろはんじゃく)」という、吉凶を見るための尺で図ります。

なんと、Amazonで普通に買えます(笑)。

私もこちらを愛用中。

上下に運が書いてありますが、財布は下の段で見ます。すると、財布に良いサイズは「縦横が15.6~23.4センチの間、厚さが3.9センチ以内のもの」となります。それぞれの長さには細かく運があり、その中でも、お金が「少ない元手で大きく増える」とされる「益利」運の財布、17.8~18.7センチの財布は、どなたにもとってもオススメです。

普通の長財布ならまず吉のサイズだと思いますが、ポイントとなるのは縦横の測り方です。まず第一に重要視するのは「開いた状態での縦横」です。下の写真のような状態です。特にラウンドジップ型のお財布などは、測り方には注意が必要です。そして次に、閉じた時のサイズも測ります。普通の長財布は、閉じた時は大体「吉」の寸法内です。

素材は何を選ぶ?「蛇革が良い」は、俗説!

素材は人工ではなく、天然のものを選びましょう。布か本革が良いのですが、やはり布ですとすぐに古びてしまいます。お金を大切に扱う財布としておすすめなのは「本革」で、しかも「牛革」です。牛のように一歩一歩、着実な歩みを進められるようになり、着実な金運が身につきます。

ちなみに、よく見かける「蛇革」はオススメしません。蛇は金運の神様ですので、神様の皮を剥いで財布にするというのは、神様の機嫌を損ねると言われているからです。

金運に良い柄ってあるの?

金運に良いとされている柄というのもありますよ。

金運に良いのは、「丸・円」と、「連続柄」です。どちらも、お金の循環を呼ぶ柄となります。

jハデハデな柄物の財布は、お金が居心地悪いと感じてしまうそうなので、なるべく避けましょう。

 

*********

以上です!金運財布のお話、いかがでしたでしょうか?財布選びのご参考になれば幸いです!

あなたのお財布が条件に合わなくても、ガッカリしないでくださいね!今ある財布をカードや小銭用のサブ財布にして、金運の育つ「札入れ」を別に持つという「二つ持ち」が、金運の上がる財布のベストの持ち方ですので、今のもセカンド財布としてお使いいただけますよ。また、お財布の寿命は3年と言われていますから、いまあるお財布が条件に合わなくても、次回のお財布選びには考慮してみてくださいね。

みなさまの金運がグングンと伸びていきますよう、心よりお祈りしております!!

 

追伸:みなさまの金運向上のために、1年の年月をかけてついに完成しました!

☆じゃんぐるまま☆プロデュース、【超金運財布】はこちらです♪

★手相家☆じゃんぐるまま☆の開運手相鑑定や手相パーティーの詳細は、こちらからどうぞ。

★大切な開運日を逃さない!

★実は開運には、鬼のような基礎があるのをご存知ですか?